アメリカ渡航ニュース   2017年

ハワイの玄関口が『ダニエル・K・イノウエ国際空港』に改名
2017-05-26

私たち日本人が世界で最も訪れる海外と言えば、ハワイ。
そのハワイ到着時にまず訪れるホノルル空港が、
4月27日以降『ダニエル・K・イノウエ国際空港』に改名されました。

これは、アメリカ合衆国で初めて上院議員に当選した日系アメリカ人で、
その後ホノルル空港の建設などハワイ各地の発展に大きく貢献した
人物として、アメリカ合衆国の歴史上でも有名な日系人です。

私たち日本人にとって、アメリカにおいて賞賛される日系人が存在することは
とても誇らしいことですね。
ぜひハワイでは『ダニエル・K・イノウエ国際空港』の名に恥じないよう
マナーを守って観光を楽しみたいですね。

DVプログラム-2018の抽選結果の開示開始
2017-05-03

アメリカ永住権(グリーンカード)を取得できるチャンスとして
毎年抽選で行われる移民多様化ビザ抽選プログラム
(Diversity Immigrant Visa Program=DVプログラム) において、
昨年2016年11月7日までに応募された参加者の抽選結果が
日本時間5月3日よりアメリカ合衆国国務省HPから確認することができます。

すでに応募をしていた方は、お早目にご確認ください!

ゴールデンウィークの海外渡航前に安全確認を!
2017-04-28

まもなく待ちにまったゴールデンウィークです!
長期休暇を利用して、海外に渡航される方も多いのではないでしょうか。

海外では、最近も各地でテロ事件が相次ぎ、
特に週末や祝日、大規模なイベントが開催される時期は
人混みを狙ってのテロが警戒されます。

海外渡航の予定の方は、渡航までに必ず安全確認を行ってから
お出かけください。

▼外務省 海外安全ホームページ▼
http://www.anzen.mofa.go.jp/

パスポートの更新はお早めに!
2017-04-07

ESTAの申請はパスポートの有効期限内となります。
お手元のパスポートをご確認頂き、有効期限が迫っている場合、
早めに更新されることをおすすめいたします。

パスポートの更新には、以下の書類が必要です。

■一般旅券発給申請書
■戸籍謄本または、戸籍抄本 ※パスポートの個人情報に変更がない場合は不要
■住民票の写し ※住民登録をしていない地域で申請を行う場合
■写真 1枚
■既存のパスポート
■申請料(10年更新の場合、約16,000円)

パスポートの更新には、約1〜2週間掛かる為、
旅行日程がお決まりの人は早急に手続きをお願い致します。

ESTAで渡航した際の入国審査注意点
2017-03-20

近年アメリカへの入国審査が厳格化され、入国する目的がはっきりと理解されない場合、
日本へ強制送還されてしまう場合もございます。
ESTAを申請しての渡航は、入国の目的として『観光であること』が前提にあります。
入国を拒否される主な理由は、下記3点が挙げられます。
・アメリカに永住する目的であること。
・ビジネスを目的として入国していること。
・違法行為をする目的であること。

入国審査では、必ず『Vacation(観光)』でお答え頂き、帰りの航空券情報も
提示されることをおすすめいたします。

※再発令※ アメリカ大統領令によるビザ発給の重要なお知らせ
2017-03-10

今週2017年3月6日に、アメリカ合衆国・トランプ大統領は、国防を目的とした
海外からのテロリスト入国防止対策として、以前発令していた大統領令を
一部修正し、再度発令しました。
それにより、2017年3月16日(木)以降イラン、リビア、ソマリア、スーダン、
シリア、イエメン国籍の人は永住権やその他有効なビザをすでに保有している人以外
入国が制限されることが明記されています。

前回の大統領令発令後、対象国の一部変更、また発令後の猶予期間があるものの、
上記国籍に該当する方は、渡航前に最新情報の確認をお願い致します。

▼最新情報はアメリカ合衆国 国務省ウェブサイトをご覧ください。
https://travel.state.gov/content/travel/en/news/important-announcement.html

春の海外安全強化月間キャンペーン
2017-02-26

2017年3月1日より外務省が実施する『春の海外安全強化月間キャンペーン』に伴い、
海外渡航予定の方が日程や渡航先、自身のケータイ情報を登録するだけで、
渡航先の最新安全情報が受け取れる「たびレジ」システム登録を強化しています。

簡単な必要情報を登録するだけで、緊急の事態が発生しても
外務省から最新情報のメールが届くので安心です。

詳しくはこちらをご覧ください▼
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/tabireg_campaign.html#ad-image-0

【注意喚起】外務省を装った不審メール情報
2017-02-10

外務省が運営する『海外安全ホームページ』内に海外の登録国に関する最新安全情報を
メールでお届けするサービスがありますが、最近このサービスを装った不審なメール情報があります。
このメールの見分け方は、発信元がフリーメールアドレスとなっており、
本文に外務省『海外安全ホームページ』を装った不審なリンクが貼り付けられています。

尚、当該ホームページの海外安全情報メールサービスは昨年平成28年12月31日にすでに終了しているサービスです。
不審メールを受け取った場合、貼付のリンクを開かないように注意をお願いします。
また、メールは早急に削除するようにしてください。

詳しいお問い合わせ先は下記となります。

外務省領事局海外邦人安全課総務班
TEL:03-3580-3311(内線:5142)

ビザ発給の重要なお知らせ
2017-01-31

先日2017年1月27日付けで発表されたアメリカの大統領令により、
テロ攻撃の防衛対策として、イスラム教圏であるイラク、イラン、
リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの国籍を有する方への
ビザ発給が、今後停止されることとなります。

但し、翌日に発表された修正案では、すでにアメリカ国内で永住権を
保有している上記国籍保有者は対象外となり、いづれにせよ
アメリカ入国審査が厳格化されています。

今後渡航の際は、外務省ホームページの最新情報をご確認ください。

外務省のFacebookページ!
2017-01-13

今や世界各国と様々なつながりをもつ経済大国・日本。
その諸外国との大事な条約や規約を管轄する日本国家の
機関といえば、『外務省』です。

その外務省が発信するFacebookでは、
現在日本が行っている海外との連携や外務省のトップである
岸田外務大臣の活動など、まさに今日本が行っている事が
リアルタイムで確認することができます!!

ぜひ皆様も海外の情報を知るツールとして見てみてください!
渡航先の最新情報もきっと見つかりますよ♪

外務省Facebookは<@Mofa.Japan>で検索