90日以内の短期観光や商用を目的に米国行きの航空機や船を利用する場合、
インターネットを通じて電子渡航認証システム『ESTA(エスタ)』を申請し、
取得しなければなりません。米国大使館による公式サイトでの申請には
全ての必要項目が英語入力ですが、ESTA.comなら
全て日本語でOK、手間いらずです。

エスタ申請手続きの流れ

エスタ申請のお申込みをされて、最短3日でエスタ申請が完了となるように努めております。しかし、ご記入頂いた内容に確認事項などが発生しますとエスタ申請完了までの期間が延長される場合がございますので、ご了承下さい。
お電話でのお問い合わせを除き、こちらからのご連絡は全てメールで行います。お伝え漏れや、メモなどの取り忘れ等トラブルを防ぐためご協力を頂いております。

エスタ申請時に必要なもの

姓名、生年月日、性別、国籍、移住国、パスポート、Eメールアドレス、電話番号
必ずESTA申請にはパスポートクレジットカードが必要になりますのでご準備の上、申請へとお進み下さい。
エスタ申請の流れ
※当サービスではお一人様づつのお手続きとなります。尚、エスタ更新時申請の際も流れは同じとなります。

新規(更新)の認証
個人での米国渡航に関する新規認証及び認証の更新を申請

【下記事項に当てはまる方のみ申請が可能です】
  • ビザ免除プログラム参加国の市民又は資格の国民です。
  • 現在、訪問ビザを持っていません。
  • 渡航は90日以内です。
  • 商用または観光目的で米国に渡航する予定です。
  • 個人での渡航認証を新規(更新)の申請を希望しています。
新規(更新)認証

ログイン
以前のお申し込み履歴の閲覧・更新ができます

以前、エスタ申請書を提出しており、
次の処理のを行いたい場合はこちらから。
  • 確認
  • エスタ申請の更新
  • ESTA申請状況の表示

認証の確認・検索

E-Mailアドレス
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

エスタ.comからのお知らせ

2017-02-16
【エスタとビザの違い】 アメリカへ入国する際は、
必ずエスタまたはビザが必要です。

エスタはビザと違い、90日以内の観光やビジネスが目的の場合に適応されます。
ビザは、留学や労働が目的の場合に適応されます。

自分が必要なのはどちらか見極めて申請するようにしましょう。
2017-02-03
【1月のエスタドットコムお申し込み件数】 日頃よりエスタ.comをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
1月のご利用件数は13件 でした。ありがとうございました!
今月もみなさまのお役に立てますよう精いっぱい努めさせていただきます。
今月もエスタ.comをよろしくお願いいたします。
2017-01-20
【エスタ申請の対象年齢は?】 エスタは年齢問わず申請が必要です。
航空券を発券していない乳幼児も対象ですので
お気を付けくださいませ。

エスタ.com 
アメリカ渡航ニュース

2017-02-10  【注意喚起】外務省を装った不審メール情報 new!

外務省が運営する『海外安全ホームページ』内に海外の登録国に関する最新安全情報を メールでお届けするサービスがありますが、最近このサービスを装った不審なメール情報があります。 この…続きを読む

2017-01-31  ビザ発給の重要なお知らせ

先日2017年1月27日付けで発表されたアメリカの大統領令により、 テロ攻撃の防衛対策として、イスラム教圏であるイラク、イラン、 リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの国籍を有す…続きを読む

2017-01-13  外務省のFacebookページ!

今や世界各国と様々なつながりをもつ経済大国・日本。 その諸外国との大事な条約や規約を管轄する日本国家の 機関といえば、『外務省』です。 その外務省が発信するFacebookでは…続きを読む

2016-12-27  年末年始の渡航ラッシュスタート!

今年も残りわずかとなりました。 いよいよ年末年始の長期休暇に入られる方も多いのではないでしょうか。 今年は、アメリカの大統領選挙直後から急速な円安が進み、 アメリカへの渡航者減少…続きを読む

2016-12-17  今後アメリカ合衆国市民権を申請される方へ料金変更のお知らせ

ワシントンの米国移民局(USCIS)は、先日2016年12月1日に米国移民申請および請願書料金 を改訂すると発表しました。 今回の最終決定により、2016年12月23日付でほとんどの申請料金が 大…続きを読む

エスタ.com お役立ち情報

  • アメリカの住宅事情
  • 基本的な政治
  • アメリカの歴史建造物
  • 旅行に役立つ州ごとの特徴
  • アメリカ入出国時のマメ知識
  • スタッフブログ